ホーム  >  当院ではマイクロスコープを使用しております

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
往診歯科
院内歯科
診療治療
院内診療時間9:00~12:00
13:00~19:00

※月曜は予約優先です

費用について
当院ではマイクロスコープを使用しております
スタッフ募集
フェイスブック
ツイッター

当院ではマイクロスコープを使用しております

歯の痛みと根管治療

患者さんは痛みがあるかないかで歯科医師の技術を判断しますが、痛みが出ないようにするのは、根管治療では、簡単です。

歯の根に関する痛みに関しては、内圧が高まり、知覚神経か歯の神経が圧迫されて痛みがでているケースがほとんどです。
内圧が高まらないように、蓋(仮封)をしなければ、内圧が高まる事はないので、痛みは取れます。
蓋(仮封)を痛みが強すぎて意図的にしないケースもありますが、この方法は予後(治り)がよくないので、おすすめ出来ません。

口の中は唾液という99%が水分で潤っています。

唾液には、多くの細菌がいて、虫歯、歯周病などの原因菌が存在します。唾液は、例えて言うならば、洋式水洗便所に常時溜まっている水と同じ位、細菌がいます。

蓋(仮封)をしないという事は、便所の水を体内に注射しているのと、医学的には、同じです。便所の水を飲めば、食中毒や嘔吐、下痢などになるのは、想像できると思います。
何故、仮封していないのに、症状もでないのかと言うと、自分の口の中の細菌は、何かのきっかけがないと、症状がでないようになっています。
きっかけと表現しましたが、これを具体的に、説明すると専門的になってしまうので、ここでは、説明しません。

仮封の大切さ

残念な事に手間がかかるなどを理由として、仮封をきちんと行っていない歯科医院は、沢山あります。また、唾液が歯の根の中に一度入ってしまうと、入ってしまった細菌を無菌にする事は、不可能に近いです。
唾液が根の中に入らないように治療している歯科医院は、さらに手間がかかり、採算が取れないので、ほとんど行われいないのが現実です。自分の家族には、ラバーダム防湿という、唾液が根の中に入らない治療をするのに、患者さんには、そうしないのは、誠意がないと思います。

当院の治療へのこだわり

私たちは、患者さんから、なかなか評価して頂けない治療、特に根管治療を家族同様のスタイルで治療しております。
状態によっては、ラバーダム防湿に近い方法をとり、ベストな治療を心がけています。

根管治療は往診では、院内とは異なり、同じ品質で治療をする事が出来ません。
長年、往診治療をしていて、私が痛感したのは、根管治療がきちんと出来ている歯は、非常に長持ちだと言う事です。
根管治療の成否が、その歯の将来が決まるといっても過言ではありません。

そこで、私は、歯内療法(根管治療)専門医が自費でしか使わないマイクスコープという顕微鏡の装置を使って、根管治療をする事に致しました。
たとえ、設備に資金がかかっても、患者さんの大切な歯を末永く維持するための治療をしていきます。

お申込み・お問合せ

Copyright © 2014-2020 往診歯科医院. All Rights Reserved.

PAGE TOP