ホーム  >  治療後の注意

お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
往診歯科
院内歯科
診療治療
院内診療時間9:00~12:00
13:00~19:00

※月曜は予約優先です

費用について
当院ではマイクロスコープを使用しております
スタッフ募集
フェイスブック
ツイッター

治療後の注意

歯の根の治療をしました

むし歯が進行し、神経にまで達してしまった。
あるいは、すでに神経を取ったところに新しい病気ができていたため、歯の根の治療をさせていただきました。
治療後は、体に不調が生じる場合もあります。
そのため、いくつかご注意いただきたい点がございます。

  1. 治療後は歯が浮いた感じがしたり、少し痛んだりしますが、2~3日でもとに戻ります。
    痛みが長く続いたり、我慢できないくらいの激しい痛みがあるときは、すぐにご連絡下さい。
  2. 薬が処方されている時は、特別な指示がある場合を除いて必ず最後まで飲みきってください。
    痛みが無いからといって、途中で飲むのをやめたりはしないで下さい。
  3. お風呂に長く入3 ったり、お酒を飲んだりするのはやめましょう。

今後、歯の内部の清掃と消毒を数回繰り返します。
数度ご来院いただくこととなりますが、お口の中の末永い健康の為にも、ご協力よろしくお願いします。

それでは治療が完全に終了するまで、私たちと一緒に最後まで頑張りましょう。

歯を抜いた後の注意

今日は、抜歯をさせていただきました。
これからの健康な食生活などを考え、やむを得ない処置であったことをご理解いただきたいと存じます。

また、何点か注意事項がございますので、下記をよくお読みの上、心がけていただきたいと思います。

  1. 噛んでいただいているガーゼは、30 分程度で捨てて結構です。
    出血が続くようであれば、新しいガーゼを噛んでください。
    唾液に少々の血液が混ざる程度であれば大丈夫です。
  2. 2 日程度は強いうがいはしないでください。
  3. 歯磨きをする時は、抜歯した部分に触れないように心がけましょう。
  4. 激しい運動や入浴は4 控えてください。出血、痛みの原因になります。
  5. 食事は麻酔が切れるまで摂らないでください。
    刺激の強い食べ物や、お酒はご遠慮ください。
    タバコもできるだけ吸わないでください。
  6. お薬は、必ず指示通りに、最後まで服用してください。
    じん麻疹がでるなどの異常が見られた場合は、直ちに服用をやめ、ご連絡ください。

ご不明な点やご不安なことなどありましたら、どうぞ遠慮なくお気軽にお声をかけてください。

麻酔をした後の注意

治療による痛みを最小限にするため、麻酔を使用させていただきました。
麻酔をされた後の注意点がいくつかございますのでご覧ください。

    感覚がないので、どのくらいの強さで傷をつけてしまっているのかもわかりません。
    また熱いものを食べたり飲んだりしても、知らない間に大やけどをする恐れがありますので、お気をつけください。>
  1. お子様の場合は特に、親御様が気を配ってください。
    いたずらで口腔内をかんで、腫れあがってしまうこともございます。
    くれぐれもご注意ください。
  2. 治療後一時間くらいは、食事は避け、麻酔がきれて、感覚が戻るのを待ってください。
  3. 感覚が無くなっているので、口から何かをこぼしたり、唇がはれ上がっているという錯覚を感じたりもします。
    鏡でご確認ください。

ご不明な点やご不安なことなどありましたら、どうぞ遠慮なくお気軽にお声をかけてください。

知覚過敏について

歯石取りなどの歯周病の治療後に、熱いものや冷たいものがしみたり、冷たい風が口の中を通過すると、スースーと神経にひびく事があります。

これは知覚過敏といって、神経が健全に働いている証拠です。
しばらくすると痛みもなくなります。
決して、むし歯や歯周病がひどくなった症状ではありません。

また、皆さまにはご自宅でのケアにご協力いただきたいと存じます。
歯ブラシをしていて、シミる部分があると思います。
シミるからといって、その部分のブラッシングを怠ると、むし歯の原因となります。
丁寧なブラッシングをしてください。

できれば、知覚過敏用の歯ブラシと、歯磨き剤を用意していただき、ご自宅でのプラークコントロールをよろしくお願いします。

お申込み・お問合せ

Copyright © 2014-2020 往診歯科医院. All Rights Reserved.

PAGE TOP